月蝕 (1956)

男への復讐に身をやきながら自らも傷つきゆく弱い女。恋愛心理の微妙さを描き出した石原慎太郎原作の映画化。脚色は井上梅次と舛田利雄の共同、監督は井上梅次、撮影も岩佐一泉。

監督:井上梅次
出演:月丘夢路、三橋達也、石原裕次郎、中川晴彦、東谷暎子、天路圭子、藤代鮎子、岡田眞澄、金子信雄

・amazon : 月蝕 (1956)
prime video : 月蝕 (1956)
・YouTube : 月蝕 (1956)

月蝕 (1956)のストーリー

あの女はもういない--ナイトクラブ“バリハイ”の殺人現場でバンド・マスター和馬(三橋達也)は思わず呟いた。殺された女、綾子(月丘夢路)は、夜毎に歓楽街に現れ相手の男を変えて行く、が享楽以外の何かを求めているような女だった。その不思議なベールがこの女を月蝕のように神秘な美しさに見せていた。和馬が綾子と逢った頃、彼女にはフィリピン人のバンド・マスターレオ(岡田真澄)とボクサーの松木(石原裕次郎)という二人の男がいた。和馬は初恋の寿美恵に自殺され、傷心の身で女給幸子と付き合っていたが、次第に綾子に魅かれていった。一方フィリピンへ帰国するレオは無理強いに綾子を同行しようとしたが松木のパンチに倒れた。この騒ぎの中に和馬は友人の武井(金子信雄)と高崎(安部徹)にめぐり会った。武井には商事会社社長片山(中川晴彦)と、デザイナー達子(高野由美)の連れがあった。綾子は、かつて片山と婚約していたが達子は自分の商売のため片山を横取り、娘の礼子と結婚させたのだ。男への不信と復讐のため綾子は義父に身を委せ、以来転落の道を辿ったが、片山への復讐心は今も強く燃えていた。この事実を打明けられた和馬は、自分が一層綾子と近づいて行くのを感じた。やがて綾子は、自分の肉体を土台に武井と高崎を利用、片山商事も義父の池上工業も壊滅寸前に追込んだ。だが一方では急速に綾子と近寄った高崎に、松木が復讐を誓っていた。それはタイトル・マッチの王者になることだったが、邪念が禍いしリングに死んだ。松木の死は綾子の心を大きく揺すり、復讐も無意味に思えてきた。さまよう綾子は、自分のために自殺した幸子によって真の愛を知った和馬と結ばれた。結婚披露を明晩に控え、二人は新しい人生の喜びに輝いた。その時、再び日本に戻ったレオの、恋に狂った拳銃が綾子を射った……。あの女はもういない--と、和馬は呟いた。

関連記事

  1. 男が爆発する (1959)

  2. 夜の牙 (1958)

  3. 幕末太陽傳 (1957)

  4. 乳母車 (1956)

  5. 若い川の流れ (1958)

  6. 天と地を駈ける男 (1959)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。