俺は待ってるぜ (1957)

石原慎太郎が弟の裕次郎の歌ったヒット・ソングにヒントを得て書き下したサスペンス・ドラマ。監督は新人、蔵原惟繕が昇進第一作として当り、高村倉太郎が撮影した。

監督:蔵原惟繕
出演:石原裕次郎、北原三枝、菅井一郎、二谷英明、草薙幸二郎、 河合健二 、小杉勇

amazon : 俺は待ってるぜ (1957)
prime video : 俺は待ってるぜ (1957)
・YouTube : 俺は待ってるぜ (1957)

俺は待ってるぜ (1957)のストーリー

波止場の近くの小さなレストラン“リーフ”のマスター譲次(石原裕次郎)は元ボクサーだった。喧嘩で人を殺したのを苦にしてやめたのだ。彼の兄(河合健二)はブラジルにいて、一年後には彼を呼んでくれる約束だった。約束の日も近い或る夜、兄への手紙を出しに行った帰り、港をさ迷っていた歌手早枝子(北原三枝)を救った。彼女は働いていたキャバレー“地中海”の経営者、波止場の顔役柴田弟に言い寄られて、花瓶で頭を殴りつけ、殺したと思いこんでいた。翌日から、彼女は“リーフ”で、はたらき始めた。互いに二人は心ひかれた。映画見物の帰り、柴田弟に見つかった早枝子は譲次にかばわれ難を逃れた。彼女は店の常連の年老いた医者内山(小杉勇)から譲次の身上話をきいた。内山は一年前酔って手術をし、誤って一人の男を殺して以来大酒飲みになってしまった男だった。譲次が兄と約束した日が来ても、何の音さたもなかった。彼の手紙が返送されてきた。譲次の心は疑惑でおおわれた。その夜、店に柴田兄弟が現れ早枝子を返せと迫った。ボクサーくずれの柴田兄(二谷英明)が譲次をなぐりつけた。譲次はそのままそれに耐えた。人を殺した記憶が蘇ったからだ。彼らの一人が持っていたメダルは彼が兄にやったものと似ていた。調査すると、兄は船に乗っていず、何者かに一年前殺されていた。“地中海”に連れ去られた早枝子から例のメダルは兄のものと確認してきた。警察で彼は兄の殺された現場写真を見た。死体のそばに内山医師が写っていた--。譲次が手がかりの人竹田を探しているのを知った柴田は竹田を殴り海へ放りこんだ。彼を救った譲次は兄が金のため柴田兄に殺されたことを知った。彼は単身“地中海”に乗りこみ、凄じい殴り合いの末、復讐を遂げた。--彼は早枝子と結ばれた。

関連記事

  1. 清水の暴れん坊 (1959)

  2. 何か面白いことないか (1962)

  3. 陽のあたる坂道 (1958)

  4. 紅の翼 (1958)

  5. 赤い波止場 (1958)

  6. 世界を賭ける恋 (1959)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。