鷲と鷹 (1957)

井上梅次が脚本、監督したアクション篇。撮影は岩佐一泉。

監督:井上梅次
出演:石原裕次郎、三國連太郎、月丘夢路、長門裕之、浅丘ルリ子、澤村國太郎、二本柳寛、柳沢真一、安部徹、西村晃

amazon : 鷲と鷹 (1957)
・prime video : 鷲と鷹 (1957)
・YouTube : 鷲と鷹 (1957)

鷲と鷹 (1957)のストーリー

深夜の波止場で、貨物船「海洋丸」の機関長が殺された。シンガポールで買ったナイフで刺されたことだけ判った。出航間際二人の新入りが乗込んでくる。「陸のあばれ者」千吉(石原裕次郎)と佐々木(三國連太郎)である。もう一人、鬼の鮫川船長(二本柳寛)の一人娘明子(浅丘ルリ子)も、一人では淋しいと船長室に泊ることにする。佐々木は目つきが鋭く、千吉はふてぶてしい男だ。その態度に怒った狂暴な松(安部徹)は、ナイフを光らせて突きかかる。佐々木の仲裁で喧嘩が収った時、甲板で女の密航者朱実(月丘夢路)が捕まった。彼女は惚れた千吉を追ってきたのだ。清純な明子もいつしか男らしい千吉に魅かれていく。ある夜、朱実は松に襲われるが、千吉が救い、松を完全に倒す。朱実の持っていた一枚の新聞から船長は機関長殺しの犯人は千吉だときめつける。機関長の息子吾郎(長門裕之)は船長から親の仇を打てとそそのかされるが、その気にならぬ。千吉に殺人の理由をきくと--二十年前海洋丸を買った三人(船長、吾郎の父、千吉の父)が仲間割れし千吉の父が他の二人に殺されたからだという。今度は船長だ。吾郎は復讐の無意味さを説くが、千吉は納得できぬ。が、明子の明るい姿に接するうち、次第に千吉の荒んだ心も和らぐ。復讐の誓もグラつき始めた。朱実は千吉と明子の間を嫉妬し、猟銃で狙うがどうしても撃てなかった。そんなある日、船荷が全部ニセ荷であることが判明する。船長の航海サギだ。嵐の夜、激浪に呑まれた吾郎と佐々木は千吉に救われたが、船長は水死した。千吉は実は刑事の佐々木に自首を誓うが、船が門司に着いた時、佐々木は千吉と朱実を二人だけで降りて行かせる。甲板では明子が涙で見送っていた。

関連記事

  1. 太陽の季節 (1956)

  2. 世界を賭ける恋 (1959)

  3. 俺は待ってるぜ (1957)

  4. 月蝕 (1956)

  5. 夜の牙 (1958)

  6. 山と谷と雲 (1959)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。