狂った果実 (1956)

大人の世界に反抗する若い世代のモラルを描いた「太陽の季節」姉妹篇。原作者石原慎太郎自ら脚色し、中平康が監督、峰重義が撮影を担当した。

監督:中平康
出演:石原裕次郎、北原三枝、東谷暎子、岡田眞澄、藤代鮎子、津川雅彦

amazon : 狂った果実 (1956)
prime video : 狂った果実 (1956)
hulu : 狂った果実 (1956)
YouTube : 狂った果実 (1956)

狂った果実 (1956)のストーリー

滝島夏久(石原裕次郎)の弟春次(津川雅彦)は、兄に似ぬ華著な四肢を持ち、まだあどけない“坊や”だった。女漁りの巧い夏久に比べて、春次は全然女を知らなかったが、或る日、逗子駅ですれ違った娘の瞳に、何故かドギマギして立ちすくんだ。その日の夕方、友人平沢のサマーハウスで兄弟は友人達とパーティを開く相談を決めた。皆夫々未知の女性を同伴することに決まると、春次は又もや先刻の娘の姿を思い出すのだった。翌々日ウォータースキーのレースで夏久と組んだ春次は、思いがけずも仰向けに泳いでいる例の娘、天草恵梨(北原三枝)に逢い、彼女を一色海岸まで送った。やがてパーティの当日、春次は洒落たカクテルドレスを着た恵梨を同伴して現われ、夏久達を驚かせた。パーティを抜け出た二人は車を駆って入江に走り、春次は生れて始めての接吻を恵梨に受けその体を固く抱きしめた。一週間後、夏久は横浜のナイトクラブで外国人と踊る恵梨の姿を見た。彼は春次に黙っていることを条件に、彼女と交渉を持つようになる。恵梨は春次の純情さを愛する一方、夏久の強靭な肉体にも惹かれていた。だが、やがて恵梨の心にあった兄弟への愛情の均衡も破れ、彼女は夏久の強制で春次との待ち合せを反古にした。平沢から恵梨と夏久に関する総ての出来事をぶちまけられた春次は、憑かれたようにモーターボートで二人の後を追った。早朝の海の上、春次は夏久と恵梨の乗ったヨットの周囲を乗り廻しながら、無表情に二人を眺めていた。夏久は耐えられなくなり思わず「止めろ、恵梨はお前の物だ」と叫ぶなり彼女を弟めがけて突きとばした。その瞬間舳先を向け直した春次のモーターボートは恵梨の背中を引き裂き、夏久を海中に叩き落してヨットを飛び越えた。白いセールに二人の血しぶきを残したヨットを残して、モーターボートは夏の太陽の下を、海の彼方へと疾走して行った。

関連記事

  1. 世界を賭ける恋 (1959)

  2. 太陽の季節 (1956)

  3. 男が命を賭ける時 (1959)

  4. 天と地を駈ける男 (1959)

  5. 今日に生きる (1959)

  6. 山と谷と雲 (1959)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。