男が爆発する (1959)

おなじみ裕次郎の、農場売収をめぐるアクションもの。柴田錬三郎の同名小説から、山崎巖と江崎実生が脚色し、舛田利雄が監督した。撮影も同じ姫田真佐久。

監督: 舛田利雄
出演:滝沢修、石原裕次郎、二谷英明、白木マリ、佐々木孝丸、浅丘ルリ子、北原三枝、金子信雄

amazon : 男が爆発する (1959)
・prime video : 男が爆発する (1959)
・YouTube : 男が爆発する (1959)

男が爆発する (1959)のストーリー

八ケ岳山麓に室戸農場がある。室戸米次(滝沢修)が切り開いたもので、息子の謙作(石原裕次郎)が父のあとを継いだ。米次の喧嘩相手古平(佐々木孝丸)の一人娘、千恵子(浅丘ルリ子)が恋人だった。農夫紋太の妹夏子(白木マリ)も彼が好きだ。--蕗枝(北原三枝)は開発省の土木部長宇津(金子信雄)の妻だった。夫がダム汚職で逮捕され、彼女は夫の不正を初めて知り、死ぬためにこの土地にきた。謙作が蕗枝を助けたが、足をすべらせ谷底に落ち眼をやられた。東京の病院で手当てを受けた。蕗枝は彼に夫の金を入れたバッグのカギを渡した。山男の純朴さにうたれたという。入院費に困り、謙作は病院を脱走し、伊達兼子(木暮実千代)を訪ねた。実業家クラブの女社長で謙作の母だった。米次と別れた後、功(小高雄二)という息子があった。彼は興部産業に在籍し、宇津と組んで八ケ岳の山麓の土地買収を計画していた。足がかりに謙作の農場の売収をたくらんでいる。兼子は謙作に冷たかった。功は米次にあい農場を抵当に甲府の山本という男から借りた金を、功が肩代りしたのをタネにせめた。古平も謙作の援助を断った。謙作は大勢の農夫のために、蕗枝の金を功へ渡した。父が死に、謙作が農場主になると、功たちは乗っ取りに拍車をかけた。農夫たちの心が動揺した。紋太が煽動したと思い、謙作は草原で彼と闘い、のち二人で農場を守ろうと誓いあった。謙作は上京し、興部産業の社長に会おうとした。夏子が千恵子と彼のために自殺した。蕗枝は宇津と別れて一人で生活していた。彼女が誰からも相手にされず絶望した謙作を救った。興部丸発足レセプションに、彼女は謙作を連れていった。功が彼につかみかかった。謙作は皆に興部社長の計画をあばいた。殺し屋のピストルが彼を狙った。兼子が悲鳴をあげ、ピストルがそれ、功にあたった。兼子は謙作に功が弟であることを知らせた。興部の観光事業計画は中止された。蕗枝からの金は兼子が清算してくれた。謙作は千恵子と共に農場へ向った。

関連記事

  1. 鉄火場の風 (1960)

  2. 昭和のいのち (1968)

  3. 影狩り (1972)

  4. スパルタ教育くたばれ親父 (1970)

  5. 青年の樹 (1960)

  6. 影狩り ほえろ大砲 (1972)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。