若い川の流れ (1958)

「陽のあたる坂道(1958)」に次ぐ石坂文学の映画化。週刊明星連載の同名小説を、田坂具隆が、池田一朗と共に脚色し、監督した。撮影は伊佐山三郎。音楽は佐藤勝。

監督: 田坂具隆
出演:石原裕次郎、芦川いづみ、北原三枝、轟夕起子、千田是也、川地民夫、小高雄二

amazon : 若い川の流れ (1958)
prime video : 若い川の流れ (1958)
・YouTube : 若い川の流れ (1958)

若い川の流れ (1958)のストーリー

K金属会社の二年社員曾根健助(石原裕次郎)は、川崎専務(千田是也)から、家内(山根寿子)か娘のふさ子(芦川いずみ)に渡してくれと、大切な紙包を渡された。専務宅を訪ねた所、応待に出たふさ子は、紙包の中から現れたドタ靴を見て笑うだけだったが、これは娘の養子をさがす専務が、白羽の矢を立てた健助を、ふさ子に会わせる手段だった。健助は若いのに見合結婚を主張している。同じ職場の快活な女性北岡みさ子(北原三枝)が、秘かに彼を愛しているとも知らずに。そしてみさ子は、かつて専務に必要以上に近ずき、専務夫人から注意された恩返しとして、健助を専務に推薦したのだった。たまたま上京して来た健助の母は、話をきいて健助が養子になることを反対し、お前を愛しているのはみさ子さんだと説明する。数日後、ふさ子の誕生パーティが開かれ、ふさ子は健助の大学時代の友人室井敬三(小高雄二)と接吻した。それを知った健助は、ヤケ酒をのんで会社を休み、見舞いに来たみさ子を追おうとして、反対に殴られてしまう。翌日、室井から電話がかかり、ふさ子を含めて三人で食事をした。室井とふさ子は健助を追い返そうとするが、彼は知らぬ顔でがんばっている。とうとう怒った室井は、一人で帰ってしまった。その後ふさ子は、健助を無理に自宅へつれて帰ったが、そこにはみさ子が待っていた。

関連記事

  1. 鉄火場の風 (1960)

  2. 今日に生きる (1959)

  3. 勝利者 (1957)

  4. 乳母車 (1956)

  5. 月蝕 (1956)

  6. 狂った果実 (1956)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。