素晴しき男性 (1958)

石原裕次郎主演のミュージカル・ドラマで、脚本・監督は井上梅次、撮影も岩佐一泉。

監督:井上梅次
出演:石原裕次郎、北原三枝、月丘夢路、大坂志郎、白木マリ、金子信雄

amazon : 素晴しき男性 (1958)
prime video : 素晴しき男性 (1958)
・YouTube : 素晴しき男性 (1958)

素晴しき男性 (1958)のストーリー

陽子(北原三枝)は姉の直美(山岡久乃)に夢の途中で起された。素晴しき男性の夢だったのに。踊子の彼女はその朝のレッスンに遅刻し、舞台監督の団(石原裕次郎)にひどくシボられた。彼は通称をウルサ型という。陽子はその夜夢に出てきた男性そっくりの青年実業家・土屋秀男(待田京介)を友人・美貴子(高知子)から紹介された。別れるときさっそくプロポーズされたのだ。姉は金持の坊ちゃんは警戒した方がいいといった。彼女は彫刻家の夫・佃の療養費をかせいでいる。しかし、陽子は翌日土屋家を訪問するほど乗り気である。しかし、土屋父母のしつこい身許調べにホウホウのていで逃げだす。秀夫の妹麗子(月丘夢路)は恋人の音楽家・吉村(金子信雄)がいたが母親は十条という元華族へ嫁入りさせようとしていた。陽子は団たちと義兄の見舞いもかねて高原へドライブした。同僚のルミ子(白木マリ)と牧(笈田敏夫)はかねてから恋人同士だったが、このとき結婚を宣言した。陽子は麗子から訪問され、弟が好きなら助けるという申し出を受けた。麗子は弟の結婚に反対する母親をなだめ、その代りに十条家に嫁ぐと約束し、吉村を呼び出すと別離を告げた。陽子は秀男と婚約し、退団届を出しに行った時、かのウルサ型が秀夫の兄・武男とはじめて知った。この土屋家の長男は家を離れて好きな道に飛びこんでいたのだ。「君が好きだったんだが、おそすぎたかな」と武男はいつもに似合わずショゲタのである。麗子の結婚披露パーティの席上、彼は得意のサックスを吹いた。その音はなぜか陽子の心にしみいるようだった。ミュージカルものの製作と演出が、武男にきめられ、皆は喜ぶ。麗子は夫の放蕩にあきれ吉村を求めて家に帰った。佃も全快して帰ってき、直美とむつまじい。麗子は貧しくても愛があればと陽子に教えた。婚約発表の直前陽子は土屋の父に真実を告白した。こうして、武男・陽子夫妻の演出・出演のミージカルがメトロ劇場の舞台に展開された。

関連記事

  1. 若い川の流れ (1958)

  2. 紅の翼 (1958)

  3. 今日に生きる (1959)

  4. 男が爆発する (1959)

  5. 男なら夢をみろ (1959)

  6. 太陽の季節 (1956)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。