陽のあたる坂道 (1958)

石坂洋次郎の読売新聞連載小説の映画化。田坂具隆と池田一朗の共同脚本を田坂具隆が監督、伊佐山三郎が撮影した。

監督:田坂具隆
出演:石原裕次郎、北原三枝、芦川いづみ、渡辺美佐子、千田是也、轟夕起子、山根寿子、小杉勇、小高雄二

amazon : 陽のあたる坂道 (1958)
prime video : 陽のあたる坂道 (1958)
YouTube : 陽のあたる坂道 (1958)

陽のあたる坂道 (1958)のストーリー

田代玉吉(千田是也)は出版会社の社長で、家族は妻のみどり(轟夕起子)、長男の医大生雄吉(小高雄二)、少々ひねくれ者だが自由奔放な次男信次(石原裕次郎)、それに足のわるい娘のくみ子(芦川いづみ)。女子大生倉本たか子(北原三枝)は、くみ子の家庭教師であり彼女のアパートの隣室に、高木トミ子(山根寿子)と一人息子の民夫(川地民夫)が住んでいた。ある日、父の玉吉と話をしていた信次は、ふとしたことから自分が父と柳橋の芸者との間に出来た子であることを知った。数日後くみ子はたか子を誘ってある喫茶店に行った。彼女はくみ子の夢中になっているジャズシンガーが、民夫なのでびっくりした。正月の元旦、信次はたか子の話からトミ子が自分の実母であると感知して、アパートをたずねた。しかしトミ子は不在で、留守居の民夫は裕福そうな信次に反感を抱いて、彼を部屋に入れようとしなかった。母のみどりは信次のことを心配して、やさしく彼をなぐさめた。信次の心の中には、たか子への愛情が芽生えていたが、持前のひねくれで、率直に言えなかった。当のたか子は雄吉とスキーにいって求婚されたが、なにか二人の間に隔りを感じ承諾できなかった。くみ子は医師の診断をうけ、足のなおるのがわかったので、民夫に結婚したいといった。その頃、雄吉はファッションモデルのゆり子と問題をおこし、そのいざこざを信次におっかぶせてしまった。しかし、信次が悪いのではないことを知ったたか子は、彼の情熱的な青年らしい真情を感じた。くみ子とたか子の計らいで、信次は民夫と会い、大喧嘩をしたがいつしか二人は兄弟愛に結ばれていった。その帰途、信次はたか子を踊りに誘い、強引に接吻した。一度は怒ったたか子も、彼の胸に抱かれるのだった。くみ子と民夫の明るい顔にも、田代家の前の坂道にも、暖かい春の陽ざしが、彼らを祝福するかのようにふりそそいでいた。

関連記事

  1. 俺は待ってるぜ (1957)

  2. 狂った果実 (1956)

  3. 男なら夢をみろ (1959)

  4. 素晴しき男性 (1958)

  5. 乳母車 (1956)

  6. 今日に生きる (1959)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。