嵐を呼ぶ男 (1957)

小説サロン所載の井上梅次の小説を、彼自身と西島大が脚色し、井上梅次が監督した娯楽映画である。撮影は岩佐一泉が担当した。

監督:井上梅次
出演:石原裕次郎、北原三枝、青山恭二、岡田眞澄、芦川いづみ、白木マリ、小夜福子、金子信雄、笈田敏夫

amazon : 嵐を呼ぶ男 (1957)
prime video : 嵐を呼ぶ男 (1957)
hulu : 嵐を呼ぶ男 (1957)
NetFlix : 嵐を呼ぶ男 (1957)
YouTube : 嵐を呼ぶ男 (1957)

嵐を呼ぶ男 (1957)のストーリー

音楽学校の生徒、国分英次(青山恭二)は、銀座の流しギターで評判の暴れん坊である優しい兄の正一 (石原裕次郎) を売り出そうと思っていた。それをジャズ・バンド「福島慎介とシックスジョーカーズ」の女支配人美弥子(北原三枝)にたのみ込んだ。バンドのNO1ドラマー、チャーリー・桜田(笈田敏夫)は、美弥子と結ばれた仲だったが、最近ステージ・ダンサーのメリーに引かれていた。そして、ついに美弥子と別れてメリーの属する持永興行と契約してしまった。NO1を失った美弥子は正一のことを思い出した。「彼を日本一のドラマーとして育て上げよう」桜田への競争心も手つだって彼と契約したのである。正一も懸命になった。父を失い、母から冷たくあつかわれて来た彼は、「おふくろの鼻をあかしてやる」という気持もあった。正一が初出演する日、表面、ジャズ評論家で、実は情報屋の黒幕、左京徹(金子信雄)が現れ、美弥子との仲をとりもつことを条件に、君を売り出してやろうと正一に持ち出した。正一の人気は次第に上ってきた。もちろん左京の運動もあったが、彼の猛練習、それに美弥子の厳格な指導でメキメキと力をつけたのだった。そのうち、二人の間に淡い恋心が芽生えた。いよいよ桜田と正一がドラム合戦をすることになった。その前夜、正一はメリーをめぐる紛争から、桜田の取巻きの与太者と喧嘩して右手を傷つけられた。当日、繃帯をまいた手の痛々しい彼は、遂にマイクをにぎると荒々しい一曲を唄い、満場の拍手をあびた。だが、母は正一に冷たかった。絶望して泥酔した彼は、はじめて美弥子と結ばれた。ところが、たまたま弟英次が新人リサイタルに推薦されることになり、それには左京の力が必要となった。正一は以前の左京との約束を守ろうと、美弥子から離れるつもりになったが、左京と桜田一味の襲撃にあい、右手を完全につぶされてしまった。英次の晴れての演奏会の夜がやってきた。客席では今は正一を理解した母、美弥子、そして英次を恋するみどり(芦川いづみ)が、喜びにあふれてかがやかしい英次の姿にながめいっていた。その時正一は、バーのラジオで英次のうたごえをききながら、一人で涙を流していた。自分はダメだが、弟が……と思いながら。

関連記事

  1. 風速40米 (1958)

  2. 紅の翼 (1958)

  3. 若い川の流れ (1958)

  4. 人間魚雷出撃す (1956)

  5. 男なら夢をみろ (1959)

  6. 男が爆発する (1959)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。