青春大統領 (1966)

池田淳と吉田喜昭の原案を、江崎実生と銭谷功が共同でシナリオを執筆、江崎実生が監督したアクションもの。撮影は横山実。

監督:江崎実生
出演:石原裕次郎、飯野おさみ、真家ひろみ、中谷良、あおい輝彦、浅丘ルリ子、二谷英明、鈴木瑞穂、佐野浅夫、桂小金治、滝沢修

amazon : 青春大統領 (1966)
・prime video : 青春大統領 (1966)
・YouTube : 青春大統領 (1966)

青春大統領 (1966)のストーリー

日本貿易振興会シドニー出張所の峰岡鷹志(石原裕次郎)は、休暇中のところを、同僚の大山に呼び返され日本にたちもどった。大学時代の親友である大村物産社長の大村(二谷英明)が日本に入港した、太洋丸の積荷である薬品ソルピチンと共に、姿を消してしまったというのだ。そして、このソルピチンは臨床実験の結果、有害なことが解ったのだ。鷹志は親友の大村の身に、異変が起ったのを感じとり、調査にのりだした。そこでまず、鷹志は、大村物産を訪れた。そこで鷹志は、大学時代の後輩の京子(浅丘ルリ子)に再会した。鷹志は京子と大村が恋仲にあると信じきっていたが、実は京子は、鷹志に激しい恋情を燃やしていたのだった。今の京子の職業は売出し中のジャニーズのマネージャーであった。京子からジャニーズの面々を紹介された鷹志は、彼らから、大村が東洋不動産にいたことを聞きだした。東洋不動産に確かに大村は居た。だが鷹志の姿をみると、大村はまた姿をくらましてしまった。そこで鷹志は、やはり大村を追う日本通信社の水野(鈴木瑞穂)という男を知った。水野は、鷹志に、最近東南アジアの動乱地に、大量の銃器や不良薬品が出廻っていること、そして大村が、それに関係して、ソルピチンを密輸出しているのではないかということを話した。これを機に鷹志と、彼を応援するジャニーズらの活躍が始り、ソルピチンを国外に持出そうとした、東洋不動産の花井、卜部らの計画は失敗に終った。怒った彼らの黒幕である黒田(滝沢修)は、彼らを裏切った大村の仕末と、その大村に預けてあった、宝石南十字星の奪還を卜部らに命じた。一方鷹志は、各地を渡り歩くジャニーズの情報で大村がシドニーにいることをつきとめた。が、大村は、すでに事故死していた。しかし、鷹志は大村の死が、黒田らの仕業であるとにらむと、晴れのフェスティバルに出場するジャニーズと別れて、黒田に再び対決すべく、一人日本に向った。

関連記事

  1. 昭和のいのち (1968)

  2. 風林火山 (1969)

  3. 鉄火場の風 (1960)

  4. 嵐の勇者たち (1969)

  5. 青年の樹 (1960)

  6. 嵐来たり去る (1967)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。