素晴らしきヒコーキ野郎 (1965)

ジャック・デイヴィスとケン・アナキンの共同脚本を、ケン・アナキンが監督した飛行機黎明期を舞台にしたアクション・コメディ。撮影はクリストファー・チャリス、音楽はロン・グッドウィンが担当した。

監督: ケン・アナキン
出演:スチュアート・ホイットマン、セーラ・マイルス、ジェームズ・フォックス、ロバート・モーリー、ジャン・ピエール・カッセル、ゲルト・フレーベ、アルバート・ソルディ、石原裕次郎

amazon : 素晴らしきヒコーキ野郎 (1965)
・prime video : 素晴らしきヒコーキ野郎 (1965)
・YouTube:素晴らしきヒコーキ野郎 (1965)

素晴らしきヒコーキ野郎 (1965)のストーリー

ライト兄弟の飛行成功に刺激され、1910年までに世界中いたる所で空飛ぶ機械に乗ろうという冒険家が多勢でてきた。その頃、世界最初のロンドン・パリ間飛行レースが英国の新聞王ローンスリー卿( ロバート・モーリー) の主催で行なわれることになった。破格の賞金に乗せられた男たちには、新聞王の娘パトリシア( サラ・マイルス) と恋仲のリチャード( ジェームズ・フォックス) 、アメリカ西部のオービル( スチュアート・ホイットマン) 、女にかけては強者の仏人ピエール( ジャン・P・カッセル)、独人ホルスタイン騎兵大佐(ゲル・フレーベ)、日本人ヤマモト(石原裕次郎)たちはレースが近づくと、主催地ドーバーに集まった。そのヒコーキたるや、単葉あり、複葉あり、多種多様で奇妙キテレツなシロモノばかりで、それだけに練習中も珍事が起る。離陸寸前に破れたり離陸できずに暴走したり、とんでもないところに墜落したり……。デュボワとホルスタイン大佐がつまらぬことから決闘したがイタリアのポンティチェリ伯爵( アルバート・ソルディ) が妙チキリンなヒコーキにのって中に入ってコトなきを得たり……。さて、英国人アーミテージ卿はズル賢くて目的のためには手段を選ばない男。まず強敵をヤッてしまおうと、ヤマモトに下剤入りの酒を呑ませようとしたが、それを横からとった別の飛行士が呑んだ。卿は仕方ないのでヤマモトと、オービルのヒコーキに細工した。いよいよレースの日。ヤマモトは、卿のお蔭で離陸間もなく墜落、オービルも車輪なしで飛びたった。結局、オービル、リチャード、ポンティチェリの3機で決勝を争うことになったが、ポンティチェリ機のエンジンが火を吹きだし、オービルは空中離れ業を演じて救った。このため一着はリチャードだったがことの次第を知り、オービルと賞金を山分けしようと申しでた。オービルは金ばかりでなく、パトリシアの愛も獲得した。

関連記事

  1. 憎いあンちくしょう (1962)

  2. 夜霧の慕情 (1966)

  3. 男と男の生きる街 (1962)

  4. 泣かせるぜ (1965)

  5. 敗れざるもの (1964)

  6. 栄光への挑戦 (1966)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。