闘牛に賭ける男 (1960)

ヨーロッパ・ロケを行なった裕次郎映画で、山田信夫と舛田利雄の脚本を、舛田利雄が監督した。撮影は山崎善弘。

監督:舛田利雄
出演:石原裕次郎、北原三枝、二谷英明、高原駿雄、芦田伸介

amazon : 闘牛に賭ける男 (1960)
・prime video : 闘牛に賭ける男 (1960)
・YouTube : 闘牛に賭ける男 (1960)

闘牛に賭ける男 (1960)のストーリー

マドリッドの闘牛場で一人の日本人が興行界の大立者ガリエゴの姿を求めていた。この闘牛場には他にも若い男女の日本人がいた。その冴子(北原三枝)と江藤(二谷英明)は、そこに北見(石原裕次郎)の姿を見て驚いた。彼はとうとう闘牛を追ってスペインへやってきた。--冴子と江藤の婚約披露パーティの夜、財閥の親同士が決めたこの結婚に、冴子は気がすすまなかった。パーティを途中から抜け出し、スペイン料理店で闘牛の招へいに失敗した新聞社の事業部員北見に会ったとき、冴子は彼にひかれるものを感じたのだった。--北見に、冴子たちは「キャフェ・デ・ガリエゴ」で出会った。だが、北見はガリエゴを追ってパリヘ行かなければならなかった。--結婚するために劇団を引退する冴子の最後の公演の時だった。新聞社を辞めた北見は、アメリカのテレビ会社からフィルムを買ってテレビ会社へ売りつける元手を借りに江藤と冴子の前に現われた。彼は、セリフを入れるため冴子の劇団と契約したいとも言った。冴子はこの仕事に打ちこんだ。北見の事業は成功した。ヨーロッパへ転勤になった江藤は、冴子の愛が自分にないと知ると、一人ヨーロッパへ旅立った。--北見はガリエゴを追った。胃を犯されて血を吐いて倒れた。遂にガリエゴの心もとけた。--一年前、冴子は北見と結婚式を挙げることになっていた。スペインで江藤が自動車事故で重態との電報が入った。が、冴子は北見の故郷への汽車を降りなかった。その時、アメリカのテレビ会社から契約を破棄したと北見の同僚が駈けつけた。北見は汽車を降りてしまった。彼の事業はつぶされた。彼は闘牛に命を賭けた。--マドリッドの闘牛場。北見とガリエゴは手を握っていた。その頃、冴子はブロードウェイに演劇の勉強をするため旅立っていた。あなたを愛して恥かしくない女になりましたら日本へ帰ってきますとの北見への手紙を残して。

関連記事

  1. 男が爆発する (1959)

  2. 栄光への5000キロ (1969)

  3. 憎いあンちくしょう (1962)

  4. 城取り (1965)

  5. 太平洋ひとりぼっち (1963)

  6. 天下を取る (1960)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。