栄光への挑戦 (1966)

池上金男と舛田利雄が共同で脚本を執筆、舛田利雄が監督したアクションもの。撮影はコンビの山崎善弘。

監督:舛田利雄
出演:石原裕次郎、浅丘ルリ子、小林桂樹、垂水悟郎、浜田寅彦、北村和夫、川地民夫

amazon : 栄光への挑戦 (1966)
・prime video : 栄光への挑戦 (1966)
・YouTube : 栄光への挑戦 (1966)

栄光への挑戦 (1966)のストーリー

宗吾郎(石原裕次郎)は今や「ムネ」興業の社長として隆盛の絶頂にあった。彼はその昔、金も身寄りも学問もない境遇からボクシング界に入り、ただ金のために血みどろの闘いを演じた。そしてその時稼いだ金を資本に吾郎は、仲間の長田(川地民夫)と共に現在の「ムネ」興業の基礎を築いたのであった。しかし破竹の勢いに乗る吾郎は、政界の黒幕八田(三津田健)をバックにして、彼を何とか陥れようとする暴力団野沢会の会長野沢(浜田寅彦)の挑戦を受けた。同業者の親睦団体加入への勧誘をけって、俺の物は俺で守ると宣言したのだった。それ以来「ムネ」興業は、連日のように野沢らの嫌がらせを受けるはめとなり、被害はふえるばかりであったが、何故か長田が預かる新宿支店だけは、難をまぬがれていた。野沢会は警察の手入れを受けながらも、着々と「ムネ」倒産の計画を練っていた。そして不気味な男伊吹(垂水悟郎)が関西からやって来た。吾郎は「ムネ」アイス・パレス新装開場祝賀パーティーの席で突然長田の死を知らされた。そして更に長田が売春クラブを組織していた事実に直面愕然とするのだった。遊興娯楽の事業にとって売春行為の存在は破滅に等しかったからだ。吾郎は自殺に見えたこの事件の真相追求に乗り出した。しかし彼は野沢や伊吹の術中に陥るばかりで、ついに営業停止を食ってしまった。憔悴した吾郎を何時も慰め励ましたのは、事業を始めた時から一緒の、真山紀子(浅丘ルリ子)であった。吾郎は今になって初めて彼女を愛していることを知った。勇気を得た吾郎は先ず信用回復を図って、「ムネ」興業を無料で一般に開放した。そんな時、紀子が伊吹に誘拐された。吾郎、伊吹が対決する時がきた。吾郎は勝った。真白な氷上の靄たちこめる中に吾郎と紀子の抱きあう姿があった。

関連記事

  1. 何か面白いことないか (1962)

  2. 青年の樹 (1960)

  3. 青春とはなんだ (1965)

  4. 銀座の恋の物語 (1962)

  5. 花と竜 (1962)

  6. 昭和のいのち (1968)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。