忘れるものか (1968)

小川英と蘇武道夫がシナリオの執筆にあたり、松尾昭典が監督したアクションもの。撮影は同作品でコンビを組んだ岩佐一泉。

監督:松尾昭典
出演:石原裕次郎、二谷英明、星由里子、金田龍之介、市原悦子、梶芽衣子、田崎潤

amazon : 忘れるものか (1968)
・prime video : 忘れるものか (1968)
・YouTube : 忘れるものか (1968)

忘れるものか (1968)のストーリー

岡部司郎(石原裕次郎)が京都に帰って来たのは、親友津村(二谷英明)が謎の死をとげたと聞いたからだった。司郎は早速津村の妻夕子(星由里子)や司郎の弟分ケン(川口恒)を訪ねたが、依然ナゾのままだった。しかし、津村を敵視していた暴力団尾形一派が、重要なカギを握っているとみてとった。やがて、昔馴染の新聞記者鴨沢(金田龍太郎)に会った司郎は、容疑者の一人巽(木下雅弘)を教えられた。だが、司郎が追うと何者かに射殺されてしまった。そんな折、ケンの恋人かおる(梶芽衣子)が司郎に津村がバーのマダムのルミ(市原悦子)と関係していたと知らせて来た。しかしルミはとぼけるばかりだった。そして、鴨沢の勧めで会おうとした小野も殺されてしまった。こうなっては、直接夕子から聞きだすより他なかった。司郎は夕子を追って津村のマンションへ来た。そこには鴨沢がおり、夕子は、もう一日待ってくれと言うのみだった。司郎は比叡山へ向ったルミを追った。その彼女を待っていたのは津村だった。だが、司郎は尾形(田崎潤)の殺し屋に襲われ二人を逃がしてしまった。やがて、鴨沢は司郎にことの一切を吐いた。津村が尾形一味の密輸現場を隠しどりしたこと。津村を消しそこねた尾形が逆に五千万円の取引を迫られたこと。そして今日がその日だった。取引場所の津村のマンションへかけつける途中、ケンが殺し屋の兇弾に倒れた。マンションでは、津村と尾形が相対していた。そこへ司郎が飛込み、席は大混乱になった。津村は金を持って逃げ、司郎は尾形たちのはげしいリンチを受けた。その時、再び姿を現わした津村が司郎を助けた。だが、津村は一味に射殺されてしまった。尾形らは突入した警官隊に逮捕されたが、司郎の前には、本当に息絶えた津村が横たわっていた。

関連記事

  1. 嵐来たり去る (1967)

  2. 零戦黒雲一家 (1962)

  3. 帰らざる波止場 (1966)

  4. 夕陽の丘 (1964)

  5. 鉄火場破り (1964)

  6. アラブの嵐 (1961)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。